なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「支那そば 小盛 (モモ肉・バラ肉ハーフ)」@支那そば 三八 黒崎店の写真「徳島黄系」の有名店として知られている「三八」。数店舗を展開していて、現在、本店となっているのは徳島市にある「支那そば 三八 田宮店」(訪問済)ですが、発祥は鳴門市です。当地では古くから親しまれていて、店内は広く、客入りもかなりありました。
以前、私は「田宮店」でこの中華そばを食べ、その時の私にとってはかなりのインパクトを持ったもので、もう一度いってみたいと思っていましたが、今回それが実現する形となりました(ちなみに"支那そば"以外にもいくつかメニューがあります)。乗せる肉の種類が選べます。モモチャーシューと、バラチャーシュー、そして、それら半分ずつ、という選択肢がありますが、半分ずつの"ハーフ"にしました。いろいろ楽しめる方が良いですよね。

来ました。「田宮店」で見た、あの中華そばですね。それでは、いただきます。
お~、味も「田宮店」のものとほぼ同じです。野菜の旨みが生きた豚と鶏のダブルスープ。他地域でもあまり味わえない、甘味とコクが入り乱れた独特の風味です。麺は、徳島ではおなじみ細ストレート麺です。やはりこの麺の感じも不可欠な要素です。二種のチャーシュー、歯ごたえのモモ、脂身のバラ、どちらも良いです。

完食です。ごちそうさまでした。徳島のお店をいろいろ食べ歩いていろんな味と出会った今では、最初に食べた時のようなインパクトもあまり感じなくなってしまいましたが、それでも徳島県外ではあまり出会えない味だと思います。鳴門観光とあわせて、いかがでしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。